広島県福山市今津町

旧マネキ洋品店建物

飾らない町の風景が懐かしい「昔」旅行。

宿場町とした栄えた今津町と、塩田と下駄の町として栄えた松永町。戦火を免れたこれらの町には、「昭和」が薫りたつ風景がそこここに残っている。
狭い道路の左右に身を寄せ合うようにして連なった軒。徐々にモダンな洋風建築が増えてきてはいるが、昭和レトロも健在だ。道端や民家の裏には共同井戸が残り、今もこんこんと水をたたえている。ふっと横を向くと、路地が顔をのぞかせていたり。
昭和の時代を生きた者には、懐かしく、ぶらりと自分探しの散歩に出かけたくなる町である。

旧マネキ洋品店の建物は、大正時代に建てられたもので、昭和レトロならぬ大正ロマン漂う一角。ハートのような猪目模様の窓や意匠を凝らした窓枠など、そのエキゾチックモダンな佇まいに魅了されるファンは多い。

「原井(源泉井戸)」跡の隣にある岡森時計店跡の大きな時計文字盤の看板。戦前から目立っていたという。

真中の建物が元中国銀行今津支店。

昔懐かしい路地があちこちに顔を見せている。

松永測候所跡に建つ鉄塔。現在は福山特別地域気象観測所となっている。かつて福山ではなく松永に測候所があったのは、藺草の取り入れのため、いち早い天候の観測が必要なためだったといわれている。

文と写真 秋山 由実