実釣・福山鞆沖のキス

福山市鞆町沖・仙酔島〜走島のキス!真夏の走島にパールピンクが水面を切る!

 暑さに加えて突然の豪雨!年々厳しくなる夏の状況、だが沖に出ると爽やかな風が吹き抜ける。そんな海はキスの季節だ。実釣はキス!気軽に狙える対象魚だけに、今回も福山市鞆沖・仙酔島から走島を狙ってみることにした。ここならいつもの仲間のボートで午前6時、福山市田尻漁港を出航した。

 

 仙酔島沖までは約15分で到着、早速用意した砂虫のエサで釣りを開始した。緑に包まれた仙酔島からは、セミの鳴き声が聞こえてくる。そんな中でいきなりの当たりが出た。キス独特の小気味よい魚信だ。

 「来たっ」の声と同時に合わせを入れると、穂先が激しく震えキスが鈎に乗った。その引きを楽しみながらリールを巻く。すると水中にキラッとパールピンクが光る。そして水面に出ると一気に引き抜いたのはキス、手にしたのは18㌢の型だ。キスのお出ましはうれしいが、やはり20cmは欲しい。そして二匹目も待つ事なく、水面を切って上がった。

 「型が欲しいな」の声で場所移動、今度は走島の沖へポイントを移した。再び開始すると、仕掛けを入れて2分ほどで小気味よい魚信が穂先を振るわせた。合わせを入れると軟らかな穂先は水面へと向かう。小刻みに震えながら上がってきたのはキス。今度は20cmを超える良型であった。「やっぱこの型よね」との声が。

 順調に上がる20cm級、そして23cmも姿を見せた。さすがこの型になると持ち応えも十分、良い型である。これならいける…と思ったが、意外とベラが多く、それも小型がエサに飛びついてくるようで、キスの数が伸びない。

 後半はベラにやや手を焼き、キス入れ食いとはならなかったが、12時30分の納竿には、18~23cmが38~40匹の釣果となった。福山市鞆沖のキス、走島なら20cm級がそろい、さらに良型も期待出来そうである。

つり仲間/浅野敏夫