釣りつれ情報 つり仲間/浅野敏夫

村上豊のやさしいルアー専科

マダイを狙う「ショアラバ」!

今回はマダイを狙う「ショアラバ」を紹介します。 まず「タイラバ」とは、日本の漁具から生まれたルアーで、オモリになるヘッドとヒラヒラ動くラバーに針の仕掛けを組み合わせたユニットからなります。一般的には船からマダイを狙う際に使用されるルアーですが、それを岸(ショア)から投げて使う釣り方をショアラバといいます。主に日中、マダイを狙うのに適しており、遠投して広範囲を狙って釣ることができます。

 使用する道具は、遠投しやすい長めのシーバスロッドやショアジギングロッド 投げ竿でも代用できます。飛距離が出て大物が釣れても対応できるPE1号前後のラインを、200㍍ほど巻ける中型リールを準備し 30〜80㌘の鯛鉛などのオモリにユニットを取り付ければ準備完了です。狙う場所は、遠投して探れる範囲にそれなりの水深があり、潮流や潮目のある場所。水深に関しては投げてみないとわからないので少し調査が必要です。投げる場所の水深や潮の速さに合わせて、オモリの重さは種類をそろえておくことが大切です。  狙い方は遠投後、底に着くまでの間カウントダウンをして、水深を確認します。 私の経験上、15カウント以上の深さがある場所の方が釣れるように思います。底取りをして10〜15回ほど、竿はできるだけ動かさず一定のスピードで糸を巻き取り、いったん底まで落とし直して、また巻き始めるという動作を繰り返します。巻く回数やスピードは、反応を見ながらいろいろと試してみましょう。仕掛けが手前に来ると、たいていの場所では水深が浅くなるので、根掛かりを防ぐためにも早めの回収を心掛けましょう。魚のアタリが出る時はゴッゴッと手に振動が来ますが、慌てずに巻き続けることが本アタリにつながります。また選ぶ色や形で釣果に差が出ることもあるので、いろいろなものを試してみると面白いです。釣り方が投げて巻くだけとシンプルで、慣れると子供でも釣れます。ぜひショアラバに挑戦してみてください。