沖釣り情報・日増しに秋の気配が漂い始め…

早くもイイダコ急上昇!笠岡・神島水道で

 9月に入り、あの厳しかった夏の暑さは知らぬ間に爽やかな風に変わり、季節は一目散に秋へと足を早めた。朝夕の気温も下がり、日増しに秋の気配が漂い、その色を濃くしている。そんな変化を海の魚たちも感じたのか、キスの便りに混じって、早くもイイダコの便りも入って来るようになった。沖釣り情報だ。

芸予諸島

 しまなみ海道の島々でタイの食いが続いている。伯方島から大島沖ではタイの50cm前後が5~10枚の釣果が出ている。タイラバかタイサビキで狙っており、今後さらに型は良くなってくる。竹原市沖の大崎島周辺ではタイ・アコウが活発。30~50cmが合わせて10匹の2ケタ釣果も出ている。特に今シーズンはアコウの良型が出ている。尾道沖・弓削島と因島の水道でキスが依然として好調。15~20cmが20匹、時には40本の釣果が出ることもある。型はいまいちだが数なら今からさらに期待できるようになる。

下津井沖~笠岡沖

 笠岡市の神島水道で早くもイイダコの調子が上向き、すでに盛期を思わせる釣果が出始めている。三ケタ100パイの釣果を出している船もおり、今後水道はイイダコ一色になるだろう。

 笠岡沖・真鍋島周辺では珍しくコチが釣れており、それも40cm級と良型が出ているようだ。一つテンヤで狙ったもので、キスの仕掛けでも釣果は出ている。45cmなら手にできるようだ。

 下津井沖のタイが依然として好調な気配だ。与島の周辺を攻めた船は、35~60cmの良型を含めて4人で16枚もの釣果を出していた。またタイだけでなくアコウも好調で、40~45cmの大型が4~5匹出ている。

 タイラバの60gを使ったもので、他に一つテンヤの海エビで狙っても同様の釣果が出ていた。ただ好調下津井沖だが、多少食いにムラが出始めており、前回実釣で爆釣したメンバーがその後釣行に出たが、まったくの不発に終わったようだ。

 なお下津井沖でも少し沖に当たる三っ子島周辺ではハマチが釣れており、40cmの小ぶりだが、2ケタ釣果が出ている。

つり仲間/浅野敏夫