釣りつれ情報

村上豊の やさしい ルアー専科

ティップランで狙うイカ釣り

今回は前回のエギングに引き続き、その一種である釣法「ティップラン」を紹介します。

ティップランとは、船からアオリイカを狙う釣り方です。エギをキャストせずにボート直下の深場を底取りして、2、3回シャクリとステイを繰り返しながらアオリイカを誘います。ステイの最中、ロッドの穂先(ティップ)がアオリイカに引っ張られて走る(ラン)ことから、ティップランという名前が付きました。アオリイカの小さなアタリも捉えられるのが特長で、穂先の変化を見極めて掛ける爽快感が病みつきになる釣りです。  この釣りにはティップラン専用のエギを使用しますが、釣り方に合わせてエギも多様に進歩しており、近年はさらなる盛り上がりを見せています。一般的なエギングでは、エギは投げやすい重さで横方向の動きがつけやすく、水深10m前後を探れるように設計されています。

それに対してティップランのエギは、10mより深い水深でもしっかりと底が分かる重さで、縦方向の動きがつけやすい設計になっており、見た目は同じように見えますが別物といえます。  アオリイカは9月ごろからエギングで小型が釣れ始め、比較的浅い場所で数釣りを楽しむことができます。しかし10月になり秋が深まるにつれて、すくすくと成長したイカたちは徐々に深い場所へ移動していきます。  その生態に合わせ、ダイレクトに深場を狙えるティップランは、晩秋のアオリイカを狙うのに適しています。シーズン序盤の9月末、友人の船でのティップランに同行させてもらいました。まだ水深が安定しないため、単純に深い所で釣れるわけではなく、地形の変化を探り、海の潮流に合わせて船の流し方や釣り方を工夫して、良型のアオリイカを釣り上げることができました。  秋が深まるにつれて1kg近い大型も釣れるので、今後に期待が持てます。

これから本格化するティップランで、アオリイカのさらなる魅力を体験できるはずです。機会があればぜひとも挑戦してみてください。