各地の釣況

梅雨と夏日が交差して…向島(尾道市)立花海岸でキス順調な食い!

 梅雨前線を刺激して南から台風5号が北上、早くも台風の季節に入り、季節はすでに初夏の様相を呈している。間もなく梅雨明けも、すでに気温30度を超える地点が多発。雨と台風、そしてこれから予想される豪雨、さらにコロナ禍に身が引き締まる。汗が流れ落ち付ようになった今の各地の釣況だ。

福山市田尻町 田尻漁港堤防

 駐車場の堤防からの投げ釣りでキスが出ている。50~60m沖を狙い14~17cmが6本、他に手の平大のチヌが釣れた。エサは青虫で満潮前に続けて釣れたよう。先日まで出ていたカレイはほとんど見られなくなったようだ。キスは今から数狙いに。

福山市新涯町 釜屋橋・橋上歩道

 橋の上から福山港内に向けて15~20mのチョイ投げで12~10cmのキス5本、13cmのハゼ4匹、25cmのアナゴが1本釣れた。エサは青虫でほとんど橋の真下を釣る感じ。ほとんど空いていて意外な穴場だが、奥からボートの出入りがあり、そのたびに仕掛けを上げなければならない。竿2本で楽しめる。

尾道市向島 大浜公園・大橋下堤防

 30m沖の近場を狙って20㌢の良型キスが2本出た。満潮の潮止まりにヒット!エサは青虫で20cmならうれしい型だ。潮が速く沖は狙えないが、潮止まり前後に食いが出る。6月の初めに同じポイントで37cmのマダイが釣れた。

尾道市向島 立花・因島大橋下駐車帯

 堤防からの投げ釣りで50㍍沖を狙いキスが好調。13~20cmが7本の好釣果が出ていた。他に15cmのカレイや23cmの青ベラも1匹釣れていた。沖の潮は速く、50㍍沖までがポイント、ただし潮止まり前に70~80m沖を狙って良型のチヌやマダイが狙える。マダイ・チヌとも45~48cmの実績もあり面白い、夜はスズキが狙い目だ。キスはこれから型が落ちるがさらに数が狙えるようになる。

尾道市向島 干汐・干汐漁港東波止

 波止の中間から沖40m投げてキスが出ている。型・数とも以前のようなことはないが、それでも14~21cmが7本、12cmのタイ2枚の釣果。オキアミのウキ釣りでチヌ狙う人がいるが、28cm1枚の釣果が出ている。釣り人が多く釣り座の確保がやや難しい。

つり仲間/浅野敏夫