びんまる イク男さん奮戦記

これでいいのだ イク男さん奮戦記 vol.7

愛する子どもと愛するママのために育児を積極的に行う男。それがイク男!
仕事と家庭を両立できるナイスガイ!忙しさで時間をつくれないという弱気なパパ達に子育ての楽しみ方をお見せします。

長男と長女の育休を同時取得
男性の育休制度について、もっと知ってもらいたいです。

Q 育児休業中、大変だったことは?
妻が入院した日、初めての息子と二人きりの生活で、なぜ息子が泣いているか分からず戸惑いました。また、息子を抱っこした状態での買い物は、物を一度にたくさん運べないので車とお店を往復…。ミルクやおむつなどの大きい物を買うときは特に大変でした。

Q 育児休業を取得して良かったことは?
息子の成長を毎日見れたことです。特に1歳の誕生日の時に妻が入院中だったため、2人で迎えたことは特別な思い出です。また、息子と2人で過ごしていくにつれて、段々行動や仕草で感情が分かるようになってきたり、できることが増えていく様子を見ることができたこともうれしかったです。


忙しい現代夫婦のための新3種の神器

高度経済成長期の3種の神器とは、冷蔵庫・洗濯機・白黒テレビのことをいいましたが、現代の新3種の神器とは、食器洗い乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機、ロボット掃除機のことをいうそうです。

ボタン1つで汚れた食器を洗ってくれる食器洗い乾燥機は、特に冬の手荒れの時期には活躍してくれますし、洗濯物が乾きにくい梅雨時期にはドラム式洗濯乾燥機は役立ちます。また、出かけている間に掃除を済ませてくれるロボット掃除機は、時間短縮にうってつけ!

たしかに、家電にしては高額です。ですが、家事にかける時間や手間を省ける分、家族と過ごす時間が増えます。大切な家族と過ごす時間がお金で買えるのであれば、値が張ったとしても購入する価値はあります。

2016年に大ヒットしたあるテレビドラマでは、内閣府の報告書に基づき、専業主婦の主人公に給料を月19万4000円払っていました。家事はお金に換算するとそれだけの労力がかかっているわけです。

便利な家電を上手に使って、空いた時間を上手に活用しましょう!