2020年11月10日号 四阪島のタチウオ

出たぞっ!快心のドラゴン級だっ!燧灘・四阪島沖の大型タチウオ!

秋の深まりに誘われて、ようやくタチウオが出始めた。昨年が不振だっただけに、今シーズンに賭ける期待は大きいが、まだ型が小さく、今回は型も狙って燧灘の四阪島で狙うことにした。

 

 午前7時に到着、早速開始だ。今回はジグとテンヤに分かれての挑戦だ。ジグは100グラムを使用、テンヤは30号で狙う。しかしスタートしても当たりが出ない。気が付けばほとんど潮の動きがなく、スタート時は厳しい状態だ。

 テンヤは当たりが出るものの、なかなか鈎にまでは乗らず、なかなかテクニカル、この潮では厳しいかも。その状態で、ジグで狙っていた者が3本の小型ではあるが、立て続けに3本のタチウオを釣り上げた。「今日はテンヤよりもジグが良いぞ」の声に、全員ジグに変更し再開した。

 するとどうだろう、テンヤであれだけ厳しかった当たりが出て、次々と竿が曲がり始めたのだ。誰からも「今日はジグやの」の声が上がった。その言葉はさらに証明されるものとなった。3本クラスが入れ食い状態だ。

 しかし…やはり好調なジグでも潮の動きには勝てず、潮が緩むとピタッと当たりが止まってしまう。ただ我慢強く、潮が動くのを待つと、再び活発な当たりに恵まれた。今日はそんな状態の繰り返しで、潮待ちの釣りとなった。正直なものだ。

 そしてそのわずかな動きを逃さず、適格に捉えたのがNさん、竿を折れんばかりに曲げた。そして注目の中水面に姿を見せたのは大型のタチウオ、一気に抜き上げて船上へ…指5本?いやそれ以上にデカいのは、まさにドラゴン級であった。

 なんとかドラゴン級も出た四阪島のタチウオ、狙いはこれからのようだ。

 

 

つり仲間/浅野敏夫