広島県福山市北吉津町

松熊山 胎蔵寺

京都の大覚寺を本山とする真言宗大覚寺派の寺院。もともとは現在の庄原市西城町に創建されたが江戸時代初頭、福島正則の時代に福山市神辺町へ移され、福島丹波の祈願寺となった。山門の屋根を支える蛙股には西城に居城した宮氏の紋が刻まれており、胎蔵寺が西城から移されたことがうかがえる。福山城築城の際、水野勝成が鬼門守護のため、城の艮の方角に当たる現在地に移したという。

本尊は釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩の「釈迦三尊」。福山城築城前に城地にあった常興寺の本尊を、胎蔵寺の本尊として移された。県の重要文化財に指定されている。現在、本堂改修工事中のため、大師堂に移されている。今ならより近くでその美しく慈悲深い姿を拝見することができる。