広島県福山市鞆町

臨済宗 備後安国寺

鎌倉時代に創建され、足利尊氏により安国寺と改称された由緒あるお寺。国の重要文化財に指定される釈迦堂は正式には「大雄宝殿」と呼ばれ、ご朱印にはこの名を大きく記してもらえます。

 

堂内の木造阿弥陀三尊像と木造法燈国師坐像も国の重要文化財。その存在感は素晴らしく、手を合わせる人の心に迫るものがあります。700年以上も昔、人々はどんな思いでこの細工を行ったのかと想像を巡らせると、時のたつのも忘れてしまいそう。枯山水で有名な庭園や焼失した本堂跡地にたたずむと、心が洗い流されるようです。