三好教育長に聞く 福山100NEN教育

三好教育長に聞く 福山100NEN教育 第1回

新入園・新入学を迎えて

 新入園児、新入学生のみなさん、おめでとうございます。保護者の皆様、お子様のご入園、ご入学、心からお慶び申し上げます。

 新入園児のみなさん、これから通う幼稚園では、楽しいことがたくさん待っています。友だちと園庭をおもいきりかけまわり、たくさん遊んで、新しいことにいっぱい出会って、自分でできることをどんどん増やしてください。

 新入学生のみなさん、学校生活の中で、「なぜ?どうして?」と思うことをたくさん見つけてください。それが、学びのスタートです。自分で一生懸命考えたり、たくさんの仲間と意見を交流したりしながら、考えを広げ深めることを通して「学ぶことが面白い!」と実感できるはずです。やってみたい、挑戦したいと思うことに積極的に参加して、毎日元気に笑顔で、それぞれの夢を見つけ、夢の実現に向けて、がんばってください。

 さて、福山市教育委員会が、2016年(平成28年)7月1日の市制施行100周年を期に、次の100年へ、更にその先の未来に向かって「ふるさとに愛着と誇りを持ち、変化の激しい社会をたくましく生きる子どもを育てる」ことを「福山100NEN教育」として宣言し、4年目を迎えました。

 今年度のテーマは、「学びが面白い!」=「カラフル」です。子どもは、思っていることや考えていること、持っている経験、できること、できるスピードなど、一人一人全てが違います。そういう違いや良さを思い切って表現できる学校づくりに取り組んでいきます。

 きちんと並んで挨拶をしたり、声をそろえて歌を歌ったり、皆がそろって同じことをすることの美しさや大切さがあるのと同じように「みんな一人一人違う」という素晴らしさや大切さがあります。色や形が様々であることで、楽しく豊かな世界が広がっていくように、自分だけが持っている素晴らしさを見つけること、お互いの違いや良さを認め合うことを、教室の中でも、学校の中でも、それ以外の場所でも大事にしていきたいと思っています。

 保護者の皆様、お子様と、「あなたはどう考えるの?」という会話を、常にしてほしいと思います。そうやって、自分なりの答えや考えを持ったり、自分で判断したりすることを大切にし、お子様が決めたことを尊重してあげてください。そして、幼稚園・学校と一緒に、子どもたちを育んでいただきますようお願い申し上げます。

 引き続き、子どもたち一人一人が個性を発揮し、「学びが面白い!」と実感できる「子ども主体の学び」づくりに、全力で取り組んでまいります。

びんまる2019年4月号より