㈱キャステム

キャステムが神石高原町へ 「挑戦」モニュメント贈呈 金澤翔子さんの書を金属化

戸田社長(右)と入江町長

精密鋳造メーカーの㈱キャステム(福山市御幸町中津原1808-1、戸田拓夫社長)は6月13日、神石高原町へ「挑戦」という文字をかたどった金属モニュメントを寄贈した。同町役場で贈呈式が行われ、戸田社長や入江嘉則町長らが出席した。同社は2020年に同町と協定を結び、町内の社会福祉施設とものづくりで連携している。協定以前から関わりは深く、同町の農園でイチゴを栽培するほか、「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」(同町下豊松)の運営・管理も手掛けている。モニュメントは、書家・金澤翔子さんの書作品を基にロストワックス製法で制作した。素材は変色・腐食しにくいステンレス。縦50cm×横25cm×厚さ1cmで、重さは17kg。庁舎1階に設置する予定。