㈱エブリイ

エブリイGのシェアキッチン 岡山の商業施設にも登場 作った品は1階の店舗で販売

スーパーの㈱エブリイなどのエブリイホーミイグループ(本部・福山市南蔵王町、岡﨑浩樹代表)は、飲食店などを対象としたシェアキッチンを12月5日、岡山市北区横井上83-3で運営する商業施設「エブリイOkanaka津高」3階にオープンした
福山市木之庄町へ2021年にオープンした木之庄店に続く拠点。名称は「みんなのまちメシFACTORY津高店」で、広さは約200平方メートル。揚げ器・炊飯器・コンロ・スライサー・包装機・冷凍機など加工食品の製造に必要な設備が一通りそろい=写真、弁当や総菜といった常温商品だけでなく冷蔵・冷凍商品の大量製造にも対応する。
同グループのシェアキッチンは、事業者の販路確保の支援が大きな目的の一つ。津高店では、製造した物をオカナカ1階にあるエブリイで販売できる。製造後すぐに出品可能な上、原料もエブリイでの購入で賄える。現在の利用事業者は豚まんやコロッケ、チョコレートケーキなどを作り、いずれもエブリイ店頭で売っているという。
地域の飲食店に加え、これから飲食業を始める人や料理教室を開いている人など個人も利用できる。時間は6時30分〜10時、10〜14時、14〜18時の3コマ制で年末年始を除き無休。一定の条件を満たせば利用は無料で、エブリイで商品を販売する場合は別途手数料がかかる。
「木之庄店を見学される岡山県の飲食店も多く、要望に応えて新拠点を整備した」と同グループ。「福山と合わせて利用登録数100を目指しつつ、設備増強や店舗拡大も検討する」としている。
【問】地縁マルシェ事務局☎084-959-5114