株式会社コーコス信岡

コーコス信岡本社にシティFCのフォトスポット パネルと自販機を設置

ユニホームや作業用品など製造・販売の㈱コーコス信岡(福山市新市町六八、信岡映子社長)は本社敷地内にこのほど、福山を拠点にJリーグ参入を目指す社会人サッカーチーム「福山シティFC」の選手を撮影した大型パネル三枚を設置した。同社は「フォトスポットとなって、サポーター同士の交流に役立てば」とする。  縦3メートル、横4メートルのパネルは、シティFCの選手がフリーキックを防ごうとジャンプしている構図。他の二枚は縦3メートル、横2.2メートルで、選手が福山の市花であるバラの一輪挿しを持った物と、同社の消臭ウエア「ニオイクリア」をPRする物。選手一四人が撮影に協力した。またパネル横には、ニオイクリアのシャツとソックスを販売する自販機を初めて設置した。「商品を買って、パネルの前で撮影して」と同社。
パネルの前で撮影した写真をSNSにアップしてもらうことで、クラブの情報発信につなげるほかファンの交流も促進する狙い。7月18日には、同所で選手やサポーターが参加するイベントも予定している。