ふじもと整体院

独自の手技で 長年の痛み 解消を手助け

ふじもと整体院 院長  藤本 和重さん

 

悩みの元となる生活習慣も改善

 「痛みの原因は人それぞれ。その場しのぎのありきたりな施術では、長年の痛みからは解放されない」とキッパリ。柔道整復師として治療歴は20年以上。数十万件に上る施術経験から独自の施術法を編み出した藤本さんが注目するのは、「今そこにある痛み」ではなく、痛みを訴える人がこれまで生きてきた過程だ。

 「古傷を気付かないうちにかばう傾向があったり、長年特定の運動をしていたり。痛みの原因は、患部ではない箇所の癖やゆがみによる場合が多い。その人が歩んできた“歴史”をしっかり聞いて、痛みの根本にアプローチする」

 体全体のバランスをチェックしカウンセリングをした上で、痛みの原因がどこにあるかを徹底的に調べて施術する。自宅でできるストレッチや生活習慣のアドバイスも行う。

 「痛みを再発させないオーダーメードの施術が自慢。でも施術を受けるのは一日のうち一時間足らずで、本人がいかに努力するかも大切」と話す。「痛みが改善したら旅行に行きたい、山登りやスポーツをしたいなど、目標を定めて取り組むことも重要です」

 16歳から始めた柔道は三段の腕前。指導者や審判のライセンスも持ち、中学二年と小学五年の息子の試合に立ち会うのが目下の楽しみだ。「息子らが柔道を続けるかは分からないが、いざというときのために受け身は身に付けておいてほしい」。厳しくも優しい父の顔が垣間見えた。