ボディケアサポートSmile

スマイルで働き10年目 最新機器で痩身に導く

ボディケアサポートSmile
三浦 真弓さん

 

スマイルのスタッフとして働き始めて10年目を迎えた。「川相秀樹代表に次ぐ古株です」と笑う。度々指名をもらう常連客も多いとか。「『肩凝りが楽になった』『リラックスできた』など具体的に喜んでいただけるので、やりがいを感じます」。ほぐしに加えて、機器を使って痩身を目指すコースも充実している。「このほど最新の痩身機器『フォースカッター』を導入した。内臓などの頑固な脂肪に直接働き掛けることができるようになった。成果を実感してもらえたら」と話す。20代の頃、全国的に展開するエステ専門店で六年間勤務した。「小学生時代は身長160cmで体重は65kgと、ちょっと太めだった。毛深かったこともあってコンプレックスを持っていたため、エステに憧れを抱くようになった。きれいになれると、自分に自信が持てると思う」。子供が幼稚園に入ったことを契機に今の職場へ。「川相代表はスタッフの働きやすさを重視してくれ、学校行事などの際の配慮も手厚い。服の上からほぐしたり、足つぼを刺激したりするエステでは経験がなかった技術も、川相代表が一から教えてくれた」。今は20〜30代の女性スタッフと共に、健康にやせるための知識を問われる「ダイエット検定」の受験に向けて勉強する日々だ。風邪・腰痛・肩凝り・腱鞘炎などとは無縁の三浦さん。健康には自信がある。「勉強のため、たまには他のリラクゼーションサロンを利用するようにしている。外見を磨くだけでなく、健康を保つことで美しさを目指す施術を心掛けたい」

 

2020.11.20号 中国ビジネス情報「今輝いている女性」より