サンクス青春ギターサークル

男が集い輝く場を発見 世代超えてバンド演奏

サンクス青春ギターサークル 代表 江口 政信さん

「中高年のカラダづくり」をテーマに掲げるサンクスウェルネスクラブ。毎週土曜13時30分から1時間、ジムの中で「サンクス青春ギターサークル」が活動している。「サンクスのトレーナーの佐野新さんに『ギターを始めたい』と相談されたのがきっかけ」と代表の江口政信さん。21歳の佐野さんに76歳の江口さんがアドバイスするうち、バンドを組むことになった。  サンクスのマネージャー、垣原良太さんは40歳。「ボーカルを担当しています。体を動かすだけでなく、バンド演奏で気分も爽快に過ごしてほしい」と積極的に活動する。  取材の日はオリジナル曲「ふくやまCity」を演奏してくれた。軽快な曲はメンバーの棗田修造さんの作だ。12月に開催されたサンクスのクリスマス会にゲスト出演し、女性会員らに拍手を浴びたとか。メンバーは「ギャラリーがいると張り合いがありますね」と口をそろえる。メンバーはいずれもサンクスの会員で普段はジムやプールで体を鍛えている。「バンドに入会を希望される方はお気軽にご連絡ください」とマネージャーの垣原さん。「バンド活動やジムが皆さんの憩いの場になればうれしい」と話す。