株式会社コーエイメタル

社員の絆で災難越えオンリーワン品生み出す

㈱コーエイメタル 社長 近藤 寛志さん

住宅向けインテリアや店舗備品などの金属加工製品をオーダーメードで製作する㈱コーエイメタルを営む。このほど自社ブランド「Fe.D」を立ち上げ、製品を展示するギャラリーをオープンした。館内には熟練の職人が手掛けた頑丈な階段や、美しい装飾を施したパーテーションなどが配され、実際に設置したシーンをイメージしやすいと好評だ。職人として金属加工会社に勤めていたが「オリジナル製品で勝負したい」と2013年に独立。会社を存続させるため、最初は他の仕事も受け入れた。経営は順調だったが、悩んだ末、3年前に自社製品への一本化を決意。12人いた従業員は4人になった。いかに品質を落とさず効率を上げるかを追求し、工場のレイアウトなどを見直した。「悩んだら皆で話し合う。食事会やレクレーションもしょっちゅう。遊びの中での何げない一言がヒントになることも多い」ところが昨年7月、大規模火災に巻き込まれて工場が半焼、事務所は全焼した。「当時の社員10人は誰一人辞めることなく、被災翌日から黙々と片付けを始めた。誰も不満を口にしなかった」1月に新社屋へ移転、心機一転がんばろうと思った矢先の新型コロナ騒動。「ショックだったが受注は減らなかった。今後は海外進出も視野に、デザインと機能性が両立した魅力的な製品を開発したい」

2020.11.01 中国ビジネス情報「人出会い人トーク」より