道の駅 リストア・ステーション

庄原銘菓や総領産食材がいっぱい 里山の中に輝くガラスのドームが目印[道の駅 リストア・ステーション]

尾道自動車道・世羅ICから北へ30分。国道432号沿いにある、里山の中に輝くガラスのドームが目印です。県内初の元祖道の駅として平成5年にオープン。過疎化を再生する願いを込めてリストア(よみがえるの意味)と名付けられました。周辺には学校や役所、派出所などが集まっており、地域に密着した施設として定着しています。日本有数の節分草の自生地として知られており、公開時期には各地から見物客が訪れています。

庄原銘菓や総領産食材の並ぶ特産品売場

人と恵み、人と人とが繋がる特産品売場
旬の野菜や果物、加工品、地酒などの販売のほか、周辺の観光施設の情報コーナーもあります。

総領町を象徴する花  セツブンソウ(節分草)

節分草の自生地が40カ所以上と、西日本一を誇る総領町。駅前の田総川沿いでも毎年2月中旬~3月中旬に公開され、開花状況などの案内もしています。

ねぎ油の風味が香る醤油ベースのスープに、低温調理でやわらかく仕上げた自家製のチャーシューがベストマッチ!
あっさり系で子どもにも◎。620円