びんまる イク男さん奮戦記

これでいいのだ イク男さん奮戦記 vol.32

愛する子どもと愛するママのために育児を積極的に行う男。それがイク男!
仕事と家庭を両立できるナイスガイ!忙しさで時間をつくれないという弱気なパパ達に子育ての楽しみ方をお見せします。

夫婦間で家事と育児を共有することによってご飯、寝かしつけ、
保育所の送り迎えどっちとしたいか娘に決めてもらっています。

Q 育児休業中、大変だったことは?
 家事と育児の両立が大変でした。家事をしている時に子どもが遊んで欲しそうにしていたら、子どもを優先していたので、なかなか片づかなかったです。また実家ではやってもらって当たり前だった事、例えば洗面所の排水溝のごみ取りなど、家事ってこんなにたくさんあって大変なんだということに気づきました。

Q 育児休業を取得して良かったことは?
 家事と育児の大変さを妻と共有できたことです。うちでは子どもの寝かしつけ、ご飯、保育所の送り迎えも、どっちとしたいか子ども自身に決めてもらうようにしています。自分が選ばれたときはやっぱりうれしいし、「私と一緒に食べたかった?」「ねんね行きたかった?」という娘もかわいかったです。


ふくやま子育てパパ活躍ウィーク

 「子育てを手伝う」から「共に育てる」へ。福山市では子育てパパをもっと増やすため、2019年度から子育てパパ活躍ウィークをスタート。11月3日(水)~11月23日(火)の3週間にわたって実施します。
新型コロナウイルス感染症の予防の観点から、今年はオンラインを含めた親子で楽しめるイベントを開催します。
また、パパの“おうち料理”を応援するため、子育てパパ活躍ウィーク パパレシピを作成しました。パパがつくれるレシピに加え「ママがパパにしてもらってうれしかったこと」や「パパにしてほしいこと」など、ママたちの声も掲載しています。
期間中は、市HPや子育て支援アプリ「あのね育ナビ」などで配信。つくった料理やパパが料理をしている写真を投稿すると、びんまるに掲載します。投稿していただいた方には抽選で素敵なプレゼントを用意しているので、おうちでパパに料理をつくってもらい、たくさん投稿してください!
子育てパパ活躍ウィークを機に、家事や育児を通じて子どもと関わる時間を増やし、家族全員で子どもを育てていける社会を創っていきましょう。