㈱マロンドール

多治米町のマロンドール 焼き菓子アソート「嘉祥の儀」 疫病を払って健康を願う

 洋菓子店の㈱マロンドール(福山市多治米町1-6-11、徳永行紀社長)は6月16日の「嘉祥の儀」に向け、焼き菓子の詰め合わせ「嘉祥の儀」(4,482円)=写真上=を販売している。嘉祥の儀は陰暦の6月16日、16個の餅や菓子を神に供えた後に食べることで疫病などを払い、健康を願う行事。江戸時代には江戸城の大広間で、将軍が家臣に菓子を賜る「嘉祥頂戴」の儀式が行われていた。民間では銭一六文を家人に与える風習があったという。同社は2019年、歴史書で菓子がこうした役割を果たしていたのを知り、以来毎年5月に沼名前神社(同市鞆町)や仙酔島の住吉神社に菓子を奉納している。

詰め合わせには、モンドセレクションで最高金賞を受賞した「ヌーベルローゼ」をはじめ、人気の菓子が16個入っている=写真下。【問】☎084-954-0925