西東cafe

「西東カフェ」がオープン 石臼でひいたコーヒー提供 県内産レモンのスイーツも

木組みと土壁が印象的な「西東cafe」が10月26日、福山市北吉津町3-12-11にオープンした=写真上。木造平屋建てで床面積は50㎡。設計・施工は同市神辺町の㈱のじま家大工店。コーヒーは550円から。専用の石臼=写真下=を使うネルドリップコーヒーもある。シェーカーで冷やすアイスはグラスに注ぐと程よく泡立ち、すっきりとした口当たり。紅茶(495円から)は世羅町や府中市上下町など、県内産の茶葉を採用。レモンケーキ(200円)やマドレーヌ(100円)といった自家製スイーツには国産の材料を使用。レモンは生口島の契約農家から仕入れる。

福山市内では手に入りにくい中村煎餅(同市北吉津町)とコラボしたせんべいもあり、324円から。手土産にも向く。「カフェの経営は子供の頃からの夢でした」と西東幾子代表。「バリスタの資格を取得するなど、20年ほど前から少しずつ準備してきました」と話す。水〜金曜のみの営業で、時間は10〜16時。駐車場あり。 【問】080-5735-7256