鞄工房 白牡丹 ランドセルとポーターの宮本カバン店

鞄工房 白牡丹で予約受け付け中 毎年大人気の「カープランドセル」 5月8日のランドセル展示会へも出展

 「鞄工房 白牡丹」(福山市今町4-22、高田寛之代表)と「ランドセルとポーターの宮本カバン店」(同市今町2-8、宮本良造代表)は、広島カープ承認商品「カープランドセル」の予約受け付けを開始した。
カープランドセルは、バッグの修理に特化した白牡丹と、ランドセルの販売で県内トップクラスの実績を持つ宮本カバン店との共同企画で、2018年からカープランドセルを提供している。
日本製で、かぶせ(ふた)と内ポケットの上に「Carp」、両マチに「Hiroshima」の刺しゅうが入る。黒・紺・マリンブルー・赤・カーマイン・チェリーピンク・キャメルの全7色で、各4万9800円。
白牡丹でサンプルの試着と店頭販売・インターネット販売(https://haku-botan.jp/)、宮本カバン店ではネット販売(https://shop.bag-miyamoto.net/)を行っている。数量限定のため、秋には受け付け終了となる見込み。引き渡しは来年2─3月の予定(一部即納あり)。カープのロゴ入り専用ボックスに入れて渡す。
強度の高い「クラリーノ・タフロック」を使用した「カープランドセル2」(黒のみ・5万5000円)や、黒いランドセルに赤いステッチを施した「カープランドセル3」(6万9800円)も人気だ。
また白牡丹は5月8日、NTTクレドホール(広島市中区基町6-78 基町クレドパセーラ11階)で開かれる㈱YMG(大阪市)主催の「合同ランドセル展示会2022」に初出展する。
全国14カ所で行われる一般対象の展示販売会で、広島会場には12社が参加予定。白牡丹は広島会場にのみ出展する。来場には予約が必要で、4月7日から専用ホームページ(https://www.ymg-official.com/)で受け付ける。