セプルミエール

93歳の木建博子さん 「ちぎり絵作品集」を出版 被爆体験や平和への思いも

福山市在住の被爆者、木建博子さんの著書「ちぎり絵作品集 90歳を記念して」が7月7日、文芸社から出版された=写真上。全国の書店で販売される。木建さんのちぎり絵や水彩画など63点をカラーで掲載。大胆な構図と繊細な色遣いの作品を紹介した=写真中は「竹林」(色紙)。B5判、全80ページで2200円。

50歳でちぎり絵に出合い、ホームヘルパーとして働きながら制作を続け、5年後からちぎり絵講師として活躍した木建さん=写真下左。作品集は、2015年に家族の記念として自費出版した本を再編集した。

長女でカウンセリングなどを手掛ける「セプルミエール」(尾道市高須町5630-1)の山田美妙代表=写真下。作品集の出版にも尽力した。「本を通して『二度と戦争はあってはいけない』という母の言葉を伝えたい」と話している。【問】セプルミエール☎0848-29-7371