ママと一緒におでかけ公園あそび!

〈エリアから公園を検索〉

  • 福山エリア
  • 府中エリア
  • 尾三しまなみエリア
  • 井笠おかやまエリア
  • 世羅 神石高原エリア
  • その他
  • 親子登山
  • 汽車ポッポ
  • ボウリング
  • タコ公園

このコーナーはびんまる掲載の「ママと一緒におでかけ公園あそび!」を再編集、一部加筆修正したものです。
ママ記者、キッズの皆様、取材にご協力頂いた施設関係者の皆様、協賛各社様、ありがとうございます。

県史跡 猪ノ子古墳

被葬者は聖徳太子の甥か?!

猪ノ子古墳は古墳時代終末期の7世紀後半に築造されたとされ、江木神社の境内にあります。墳形は2014年の福山市教育委員会の調査によると、周溝分も含め半径最大13mの円墳で、石槨部は長さ2.8m、幅1.1m、高さ0.95m。羨道部は長さ3.8m、幅1.7m、高さ1.25mの稀少な横口式石槨の古墳です、花崗岩を平らに仕上げた緻密な切り石を組合せて石槨(棺を納める石の枠)と羨道が作られ、切り石の隙間には漆喰が詰められています。

本格的な横口式石槨を内部主体とする古墳は、当時皇族クラスや最高支配者層のために作られ、畿内地方以外ではとても珍しいそう。一部では被葬者は聖徳太子の甥との説もあるとのこと。備後地方にはここのほかに尾市1号古墳(新市町)・曽根田白塚古墳(芦田町)や北塚古墳(駅家町)と4基の横口式石槨墳が集中していて、当時の畿内支配者と濃密な関係があったのではと考えられています。ここと同じ様式で有名なものに壁画を持つ高松塚古墳があげられます。

現在、天井部分がひび割れて落下の恐れがあるため鉄格子が設置され中には入れませんが、詳しい解説パネルが用意されていて、近隣の古墳を巡る古墳ロードマップもあるので参考にしてみてくださいね。