㈱石の彩聖

キャンピングカー外泊で家族の思い出をつくって

墓石の設計・施工を手掛ける「石の彩聖」と「お仏壇ギャラリー 悠」を運営する傍ら、4月に「すまいる・くらぶ」を立ち上げた。異業種の専門家が集まり、暮らしの中のさまざまな困り事を解決するグループ。住宅リフォームや不用品引き取り、革製品のリメークなどを手掛ける中で、彩聖はキャンピングカーの貸し出しを始めた。

「わが家もよく外出するが、家族の思い出をつくるにはキャンピングカーが最高だと思う。一緒に寝泊りすれば、普段とは違った深い話ができる。三世代で出掛けて、心を通わせて」。車好きな藤井社長がプロも驚く丁寧な手入れを行い、完璧な状態で貸し出す。

トヨタ車がベースの二車種と左ハンドルのフォード車、合計三台を常備する。「ベッドや机・いすに加えて、冷蔵庫や電子レンジも完備。快適な旅を満喫してもらえる。車中でも手足を伸ばして眠れる心地良さを味わってほしい」

普通車サイズの駐車場が使える車もある。「全て普通免許で運転できるから、特別な準備は不要」。特に週末は予約が多く、リピーターも増えているとか。

レンタル費用は1日15,000円からで、乗車定員は6人と7人。「お墓を扱う仕事柄、家族間のコミュニケーションの大切さを実感することが多い。キャンピングカーの貸し出しを通して、絆を深めるお役に立ちたい」