南一誠歌手生活40周年を祝う会

南一誠40周年を祝う会 日本赤十字社へ寄付 チャリティーゴルフコンペで募金

「南一誠歌手生活40周年を祝う会」(会長=宮地治夫・広島化成㈱会長)は10月2日、チャリティーゴルフコンペで寄せられた募金11万5223円を日本赤十字社広島県支部福山市地区へ寄付した。福山すこやかセンター(福山市三吉町南)で贈呈式があり、宮地会長が同支部福山市地区の事務局を務める同市社会福祉協議会(同所)の橋本哲之会長に寄付金を手渡した。同会は9月22日、久井カントリークラブ(三原市久井町)で歌手・南一誠さんの40周年を記念したチャリティーゴルフコンペを実施。宮地会長や幹事の藤井勝久・㈱フジイ会長が中心となり、同CCなどが協賛した。南さんは東広島市(旧豊田郡安芸津町)出身。1980年に「広島天国」「雨の港から」で歌手デビューを果たし、県内を中心に活動を続けている。2010年に広島市民賞を受賞。ひろしま文化大使(同市特任大使)でもある。宮地会長は贈呈式で「当初、コンペは5月に開催する予定だったが、新型コロナウイルスのため延期となった。今回無事に行うことができ、皆さんから心温まる支援を頂いたことに感謝している」と述べた。橋本会長は日本赤十字社のさまざまな活動を宮地会長らに説明し、「災害救護や救護員の養成など、さまざまな活動に取り組んでいる。寄付金はそれらの活動資金に充てさせていただきます」と感謝した。