福山市役所

ミズアジアン初代グランプリ 日本大会PRで市長を訪問 「福山からファイナリストを」

2021年3月に東京で開かれる「ミズアジアンビューティー日本大会」の参加者を募ろうと、初代グランプリ受賞者で同大会広島支部代表の秩父さくらさんが10月9日、福山市役所に枝広直幹市長を訪ねてPRした=写真、右から二人目が秩父さん。同大会は未婚・既婚や国籍、身長、年齢を問わず「アジア女性の美」に焦点を当てる大会で、18年にスタート。高知県出身の秩父さんはその初代グランプリに輝いた。受賞後は高知で地域貢献活動などをしていたが、同年夫の転勤で福山市に転入してきたという。「他県出身者から見た福山市は、交通の便が良くて魅力的なところ。福山からファイナリストを送り出すことで全国にアピールできたら」と意気込む。広島を含む全国八カ所でオーディションを行う。エントリーはメール(ms.asian.beauty333@gmail.com)で受け付ける。