社会医療法人社団陽正会

陽正会が府中市に開設 「介護医療院みのり」 医療と介護を一体的に提供

 社会医療法人社団陽正会(福山市新市町新市37、寺岡謙理事長)は12月1日、府中市元町43-1に「介護医療院みのり」を開設した=写真上。同市では初となる介護医療院。長期的な医療と介護の両方を必要とする高齢者に対し、同一施設内で医療と介護を一体的に提供する。同所にあった「介護療養型老人保健施設みのり」をリニューアルし、療養室や食堂=写真中、機能訓練室、浴室などのスペースを広げた。定員は82人。

開設に伴い、併設している「府中みのりクリニック」「デイケアみのり」「みのり居宅介護支援事業所」「ガーデンテラスふちゅう(就労継続支援)」と合わせた計5施設の総称を「ローカルコモンズふちゅう」とした。11月25日に開所式が行われ、関係者ら約50人が出席した。はじめに寺岡理事長=写真下=が「介護医療院の開設により、住みなれたまちで包括的なケアが受けられるようになる。ローカルコモンズふちゅう全体で、地域の皆さんが気軽に立ち寄れるコミュニケーションスペースを目指す」とあいさつした。【問】☎0847-45-4571