福山市役所

ミズアジアンビューティー 華澤凛さんが西日本グランプリ 全国大会でも5位と健闘

「アジア女性の美」を競うコンテスト「ミズアジアンビューティー」西日本選考会でグランプリを獲得した福山市在住の華澤凛さんが5月6日、全国大会出場を控えて福山市役所に枝広直幹市長を訪ね、意気込みを語った=写真。同大会は未婚・既婚や国籍、身長、年齢を問わず「アジア女性の美」に焦点を当てたもの。2018年にスタートし、初代グランプリを福山市在住の秩父さくらさんが獲得するなど、福山市にとっても縁深い大会だ。20年に行われる予定だった第3回がコロナ禍で延期になり、4月3日に東京選考会、4日に大阪選考会が無観客で行われた。華澤さんは大阪選考会に出場。スピーチやウオーキングのほか、祖母の振り袖を母がリメークしたというバラと鶴の柄のドレスに身を包み、長年習っているバレエとバイオリンで培った表現力でアジアの美を表現。エントリーした18人の中から見事グランプリを獲得した。5月15日に静岡県下田市で開かれた日本大会では5位と健闘。福山を大いにアピールしてきたという。