から丸

から揚げ専門店「から丸」 南蔵王町に福山初登場 香り高い再仕込みしょうゆ使用

 「まいどおおきに食堂」を中国エリアで運営する㈱NBF(本社・倉敷市児島)が1月22日、テークアウトの唐揚げ専門店「から丸」(福山市南蔵王町6-18-22)をオープンした=写真。福山では第一号店となる。
看板メニューの「名物醤油から揚げ」は、170年の歴史を持つ「ちば醤油」の再仕込みしょうゆを使用。熟成期間が長く純度の高いしょうゆに鶏のモモ肉をしっかり寝かせて漬け込むことで、奥深いうまみとザクッとした存在感のあるおいしさを実現した。
一つ一つが大きいのも特長。同店では食べ応えのある唐揚げを「個」ではなく「貫」と呼び、1貫は約60gという。2貫で260円から。味は他に「ウマ塩」がある。手羽先(5本480円)も、食事や酒のつまみにぴったりだ。
弁当類も充実。「から揚げ弁当」は唐揚げ3貫入り480円から。特製タルタルソースがかかった「チキン南蛮弁当」(680円)も人気。弁当類は全てご飯を大盛りにしてくれるサービスがある。
「がっつり食べられて、ご飯やお酒によく合う唐揚げです。癖になるおいしさをぜひどうぞ」と同店。価格は全て税別。営業時間は11─21時で無休。▽問 084・982・6337