陽気株式会社

「ようき道上北」4月オープン 重症心身障害者にも対応

福山市・尾道市で複数の介護・福祉施設を運営する陽気㈱(福山市神辺町道上1330-1)は、本社敷地内に重症心身障害者と高齢者向けの複合福祉施設「ようき道上北」を建設している=写真上(完成予想パース)。木造2階建てで敷地面積は2462㎡、延べ床面積は699㎡。設計・施工は吉元建設㈱(同市駅家町)。昨年12月に着工し、3月22日に完成。4月1日オープンする。1階に重症心身障害者の生活介護と放課後等デイサービスを合わせた多機能型事業所「ようきテラス」(119㎡)が入る。スタッフは看護師など8人で、人工呼吸器・気管切開吸引などの看護も行い、重度障害を持つ人の生活全般をサポートする=写真中(イメージ)。1日の利用定員は計5人で送迎あり。放課後等デイサービスは小学1年生から高校3年生が対象。学校で頑張った子供たちに安心・安全な場を提供して、疲れを癒やす。利用時間は平日が15時30分〜17時、土曜・祝日や夏休みなどの長期休み期間中は9時30分〜15時30分。生活介護は月・土曜に利用でき、対象は18〜64歳。介護者の負担軽減と利用者の社会性の維持向上を図る。浴室には機械浴槽を採用。「自宅では難しい入浴補助を担い家族の負担を軽くすることで、本人と家族の生活の質を高めたい」と丹下明子開設準備室長=写真下右。「地域との交流も積極的に図りたい」と話す。その他、1階に小規模多機能高齢者施設(273㎡)、二階にはグループホーム(275㎡)があるが、いずれも入居者は同社の別施設から移転する。「障害福祉サービスと高齢者施設を併設する、わが社初の取り組み」と國上賢一社長=写真下。「共生型社会が広く浸透するきっかけになれば」と話している。ようきテラスは3月14・15日10〜15時に見学会を行う。要予約。【問】TEL.084-962-3433