池口精肉店

池口精肉店 8月3日に福山駅前店オープン、飲食店を業態変更し再稼働

㈲池口精肉店(福山市新涯町5-31-39、池口章人社長)は83日、直営の飲食店「IKEGUCHI MEAT PUBLIC HOUSE」(同市伏見町1-16)を「池口精肉店福山駅前店」としてリニューアルオープンする。

新型コロナウイルスの影響で419日から臨時休業していたイケグチ・ミート・パブリック・ハウス。2018年のオープン以来、連日多くの人でにぎわっていたが、店名と業態を変更し、精肉とデリカテッセンの持ち帰り専門店として再スタートを切る。

「新型コロナの影響が大きかった45月も、細々と営業していた本店(同市新涯町)は古くからの顧客を中心に、精肉や加工品を買い求める人が後を絶たなかった」と福山駅前店の池口昌夢店長。「笑顔で品定めをし、店員と何げない会話を楽しむお客さまの姿を見て、『おいしい食は明日への希望だ』と実感した」と話す。

取り扱うのは厳選和牛の精肉・総菜・サラダ・弁当など。池口店長は「本店で人気のミンチカツのほか、駅前店オリジナルのシャルキュトリー(肉の加工品)や弁当なども取りそろえます。お楽しみに」と呼び掛ける。

弁当はミンチカツ弁当(600円)、和牛切り落とし焼肉弁当(1,500円)などを販売する。いずれも税別。1019時の営業で日曜定休。