colorple

三吉町に移転オープン 福山発ブランド「colorple」 丁寧に作られた洋服を長く着て

 福山発のファッションブランド「colorple〈カラプル〉」(福山市三吉町3-1-22 第2メゾン三吉1階)のアトリエ&ショップが10月15日、福山本通商店街の「コミュニティハウスumbrella〈アンブレラ〉」から移転オープンした=写真上。カラプルは「colorful」と「people」を組み合わせた造語で「色をまとう人々」の意味。デザイナーの倉田倫江〈のりえ〉さんが、デザイン・パターン・裁断・縫製・製作と全てを手掛けるオリジナルブランドだ。福山産デニムやコットンなど地元産の自然素材を使って丁寧に仕上げられた洋服は、シンプルながら大胆でユニークなシルエット。ベーシックで長く着られるデザインだが、例えば羽織ることもできるワンピース(1万9800円)は10色から選べるなど、色彩豊か。着る人の個性を最大限に引き出す商品がそろっている=写真下。人気が高いデニムパンツ(1万9250円)はシルエットの美しさにこだわる。手ごろな価格のニットやインナーなどセレクト商品の洋服や、個性が引き立つヘアクリップなどのアクセサリー類、石のような質感の樹脂「ジェスモナイト」製の小物トレー(1320円から)なども販売している=写真中。営業時間は11〜19時で日曜定休と不定休。問い合わせはメール(atelier.colorple.42@gmail.com)で。11月中旬には展示会も開催する予定。