サバまつ

炭火焼き魚の持ち帰り専門店 「サバまつ」高西町にオープン 注文を受けて焼き上げます

 福山市高西町の国道2号線沿いにこのほど、珍しい炭火焼き魚の持ち帰り専門店「サバまつ」(同町4-4-3、松本歩代表)がオープンした=写真上。キッチンに魚焼きグリルがなかったり、後片付けが大変だったり、臭いが気になったりで家庭では敬遠されがちな焼き魚を、もっとたくさんの人に食べてほしいとの思いから開店に至ったという。看板商品は、既成の弁当箱に入り切らないほど大ぶりなサバが丸々1尾入った「大サバ炭焼き弁当」(780円)。ノルウェー産で脂の乗った30cm超えのサバを使用。注文を受けてから炭火で一気に焼き上げるため、焼き上がりまでに20分ほどかかるが、待つ価値十分のボリューム満点の弁当だ=写真中・下。炭火の遠赤外線効果で外はカリッと、中はふっくらジューシーな焼き上がり。炭火でこんがり焦げた皮の香りが食欲を刺激する。サバ単品(580円)でも購入できる。食べやすいよう骨を極力取り除いた半身のサバを使った、甘辛い「サバ照り焼き弁当」(550円)は福山市の寺岡有機醸造㈱のしょうゆ、「味噌サバ炭焼き弁当」(同)には府中市の金光味噌㈱のみそと、地元のこだわりメーカー製調味料を使用。毎日食べても飽きない味付けを心掛ける。皮までおいしく食べられる分厚い鮭の切り身を焼いた「シャケ炭焼き弁当」(680円)、「シャケ西京焼き弁当」(690円)、「超特大ホッケの炭焼き弁当」(1200円)などもある。「あらかじめ電話で予約していただければ、時間までに焼き上げておくこともできます。おいしい焼き魚を、ご家庭で味わって」と松本代表。営業時間は11〜21時で火曜定休。【問】☎084-934-3838