訪問看護ステーション こいのぼり

訪問看護ステーション こいのぼり 福山市山手町にオープン 自宅で暮らせる体づくりを

「訪問看護ステーション こいのぼり」が6月1日、福山市山手町7-16-31-1にオープンした。対象エリアは福山市と尾道市。スタッフは看護師4人と理学療法士1人の計5人。医師の指導の下で行う点滴や注射、薬の管理や床ずれの処置を手掛ける。入浴・トイレ・食事などの介助も行う。管理者は看護師の歌島寿さん。坂井正宙〈まさひろ〉代表=写真=は理学療法士として約10年間、病院や訪問看護ステーションで勤務してきた。その経験を生かして独立。健康寿命を伸ばすため、「自力で排せつできる体づくり」を目指したケアを行う。「トイレまで行く」「トイレ内で動く」が可能になるよう、看護メニューの中に関節をスムーズに動かすための運動や筋力づくりを取り入れる。同時に、つえや歩行器、手すりなどの器具の利用も促す。【問】☎084-951-8121