株式会社 文大

ブランド品、骨董品など 文大がオンライン査定実施 三密避けて非対面・非接触

ブランド品や骨董品、リユース品など買い取り・販売の㈱文大(福山市多治米町1-12-1、中西文仁社長)は、同社が独自に開発したオンライン会議システムを活用した非対面・非接触の簡易査定サービスを導入した=写真。コロナ禍の中、在宅時間が増えて自宅の不用品の整理をした人からの買い取り査定の問い合わせが増えていることに対応した。同社ホームページ(https://bundai-videosatei.com/)経由でオンライン査定の日時を指定すると、同社からオンライン査定用の招待メールが送付される。所要時間は1時間程度で、無料で利用できる。同社の専門鑑定士が画面越しに品物の査定を行い、その場でおおよその買い取り金額を提案。その後、同社が自宅などを訪問して最終査定と現金買い取りを行う。対象品はブランド品、骨董品、家具や家電など。従来、離島や中山間地域など遠方からの出張査定の依頼に応じるのはコスト面の問題で困難だったが、オンラインの活用で容易になった。客からも「知らない人にいきなり自宅を訪問されるより、事前にオンラインで顔を知っていた方が不安が小さい」との声が寄せられているという。「三密を回避できる上、安心・簡単・迅速なシステム。専門性の高いプロの鑑定士がそろう当社ならではのサービスです」と同社。【問】☎084-920-2413