中国運輸局

中国運輸局表彰 福山通運などが表彰受ける 環境保全などに貢献

中国運輸局が環境保全への取り組みを行ったり、高齢者や障害者の円滑な移動を実現するための交通バリアフリーなどに尽力している事業者を表彰する今年度の国土交通省中国運輸局長賞に、福山通運㈱(福山市東深津町4-20-1、小丸成洋社長)など8社が選ばれた=写真。表彰式が12月17日に広島市内で行われ、各社の代表が河原畑徹局長から表彰状を受けた。福山通運は2013年から専用貨物列車「福山レールエクスプレス号」を運行し、東京─大阪、東京─岡山・福山、名古屋─福岡間でトラック輸送からコンテナ輸送への転換を図っている。また17年には国内初となる全長25mのダブル連結トラックを導入し、輸送の効率化や二酸化炭素排出量の削減に取り組む。このほか備後地域からはアサヒタクシー㈱(福山市新涯町2-20-1)、向島ドック㈱(尾道市向島町864-1)、㈱三和ドック(尾道市因島重井町600)が表彰を受けた。