株式会社オガワエコノス

ヨガや瞑想で社員の心身ケア マインドフルネスセンター開設

トータルリサイクルの㈱オガワエコノス(府中市高木町502-10、小川勲代表取締役)はこのほど、社内に「ECO・PROマインドフルネスセンター」を開設した。備後エリアを中心にヨガレッスンなどを展開する㈱オフィスプロスタジオ(福山市明神町、苅部美千代代表)との共同運営。ヨガやピラティスなどのエクササイズから一歩進んだ「マインドフルネス(瞑想)」を導入し、社員の心身のケアと人間力向上のサポートを行う。同社は4年前からオフィスプロスタジオと契約し、社員を対象に「健康ストレッチ」を実施。健康経営を目指し、さまざまな取り組みを続けている。また社員でつくる「ヨガサークル」を支援し、同社の新焼却施設「バイナリースカイ」(府中市本山町)研修室では地域住民に向けた「健康体操」を行っている。

マインドフルネスによるトレーニングは11月にスタート。各部署ごとに年六回の実施日を設定しており、1回以上の参加を呼び掛ける。同センターの代表は苅部代表=写真上右、センター長はオガワエコノス人事総務部の丸町美紀さん=同左。今後はオンラインを活用し、同社の他工場やグループ会社の㈲ダイイチ企業(広島市)の社員・家族も利用できるよう、月間60本以上のレッスンを提供する。さらに理学療法士によるケア施術を導入し、社員専用のLINEで健康情報も配信する。