池田糖化工業株式会社

コロナと戦う医療者支援 市民病院に1,000万円寄付

加工食品原料製造の池田糖化工業㈱(福山市桜馬場町2-28、池田直之社長)は11月13日、新型コロナウイルス感染拡大防止に役立ててほしいと、同市民病院(蔵王町)に現金1,000万円を寄付した。同院で寄付受納式があり、水ノ上伸二専務が高倉範尚事業管理者に目録を渡した。

同院によると、現在は医療用備品で特に不足している物はないが、第三波の到来に備えて充実を図る。同院は3月に備後地域で初めての新型コロナ感染者が出て以来、入院患者を受け入れてきた。春先の第一波当時は備品の不足や入院者が相次ぎ「大変な時期もあった」(高倉管理者)が、寄付時点では入院者もなく落ち着いた状況。ただ岡山県ではクラスターが発生しており、「その波がいつ福山に来るか分からない」として気を引き締めている。