株式会社 宮﨑商会

中国銀行の私募債制度活用し、東小学校にアルミ製ひな壇寄贈

食肉加工品など製造の㈱宮﨑商会(福山市胡町1-22、宮﨑圭師社長)はこのほど、中国銀行の制度「SDGs私募債 地域応援型」を利用し、1億円の私募債を発行した。期間は5年で使途は運転資金。同制度は地域社会への貢献を目的に設けられた。私募債発行企業が支払う手数料の一部で備品などを購入し、発行企業が指定する学校や団体へ同行と共に寄贈する。同社は宮﨑社長の母校である同市立東小へ、行事の際などに用いるアルミ製のひな壇を贈ることを決め、11月16日に同校で寄贈式が開かれた=写真、左が簀戸校長、中央が宮﨑社長。宮﨑商会は主に業務用チャーシューなどの製造・販売を行っている。2019年9月期の売上高は30億7,800万円。