㈱マツオカコーポレーション

サンフレとスポンサー契約 ロゴ入り練習着で知名度アップ

衣料品のOEM事業を世界的規模で展開する㈱マツオカコーポレーション(福山市宝町4-14、松岡典之社長)がプロサッカーチーム・サンフレッチェ広島(広島市)の新たなスポンサーとなり、クラブトップパートナーシップ契約を締結した。10月27日には同社で会社ロゴ入りトレーニングウエアの贈呈式が開かれ、㈱サンフレッチェ広島の仙田信吾社長と、チームOBでクラブ・リレーションズ・マネージャーの森﨑和幸さんが、選手のサインが入ったウエアを松岡社長に手渡した。福山の企業がクラブトップパートナーになるのは、テラル㈱(御幸町)に次いで二例目。契約期間は11月─2022年1月で、今季と来季のトレーニングウエアと、試合前のウオーミングアップ時に選手が着用するウエアの左胸のエンブレム上部に同社のロゴが入る。