アイラジャパン

飲んでウイルス撃退を 特許出願中「抗菌コロリ」 アイラジャパンが発売

 医療関連事業などのアイラジャパン(福山市東深津町2-9-18、中原誠代表)は、ウイルスや微生物に対する殺菌・抗菌性が高い銀イオンを利用して“飲む抗菌水”を生成できる、スティック状の高機能ストーン「抗菌コロリ」の販売を始めた=写真。新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた昨春ごろ、銀イオンの抗菌力に目を着けた中原代表が、コロナ対策商品として企画した。銀イオン(Ag+)は銀が分子の状態で水に溶け、プラスの電荷を帯びたもの。マイナスの電荷を持つウイルスや細菌の細胞壁を破壊し、死滅させたり増殖を防ぐ効果があるという。新型コロナよりも強力とされるノロウイルスやアデノウイルスを不活性化できることから、アメリカ環境保護庁(EPA)が公表している新型コロナに殺菌作用効果がある物品のリストにも加えられたそう。アルコールなどの代用として気になる箇所を除菌したり、水槽の水をきれいに保ったり、風呂に入れれば大腸菌などの繁殖を防ぐこともできるという。使用法は簡単で、水道水や飲料水など500ミリリットル〜1リットルに抗菌コロリを浸すだけ。投入後3〜4時間で抗菌作用の強い銀イオン水が生成される。1本を約3カ月間繰り返し使え、価格は1万8000円。「1日わずか200円程度で家族全員を守れる。飲食店やサロンなど接客業の方にもオススメです」と中原代表。現在特許と商標登録を出願中。中原代表が運営するリラクゼーションサロン「レピド」(同所)などで販売している。【問】090-1339-2737