浅口商工会

浅口商工会 金光・寄島支所を廃止へ 本所と里庄支所に人員集約

 浅口商工会(浅口市鴨方町2244-8、川上正記会長)は、金光支所と寄島支所を今年度いっぱいで廃止する方針を固めた。5月に開いた総会で決定した。同会の会員事業所数は約800で、近年は減少が続く。同市内にある金光支所は火・木曜に、寄島支所は水曜に開所していたが、廃止して人員配置を見直す。来年度から同市内の拠点は、中心部にある本所のみに。隣接する里庄町にある里庄支所=写真=は存続させ、2拠点体制とする。同会は「コロナ禍で商工会のサービスへの需要が高まり、昨年は会員が増えたものの、長期的には減少傾向。人員を集約することで業務の効率化を図りたい」と説明している。金光支所は建物を、寄島支所は土地・建物とも同会が所有しているが、廃止後の活用については今後検討する予定という。