株式会社キャステム

JUKIと業務提携結ぶ 精密鋳造事業などで協業

精密部品メーカーの㈱キャステム(福山市御幸町中津原1808-1、戸田拓夫社長)は4月1日、工業・家庭用ミシン事業のJUKI㈱(東京、内梨晋介社長)と業務提携した。JUKIグループの加工・組み立て・エンジニアリングの技術力と、キャステムグループの企画力・営業力を融合し、両社の精密鋳造事業をはじめとする既存事業の拡大や新規事業創出に向けた協業を始める。9日にキャステムで合同会見があり、キャステムの戸田社長と木村仁専務、JUKIの内梨社長と貫井邦夫グループ事業カンパニー長が出席した。内梨社長は「昨夏から協業に向けて話を進めてきた。相互の強みを生かして生産能力と生産設備の補完体制を構築することで、お客さまの困り事に幅広く対応できる」と説明。戸田社長は「昨年はコロナ禍の影響で当社のタイ工場がストップしてしまい、自社だけでは何もできないと実感した。業務提携では当社の営業力を生かし、1+1を3以上にしたい」と話した。今後、製造領域・受注領域を拡大してワンストップサービスの提供を目指すほか、両社間での技術交流を継続的に行い、製造技術や顧客への対応力を向上させる。