株式会社ガスエナジーヤブタ

新事業「マチテラスでんき」まちづくりの取り組みに寄付も

プロパンガス事業の㈱ガスエナジーヤブタ(福山市住吉町6-4、籔田健一社長)は新事業として電気の販売に乗り出し、「マチテラスでんき」の名称で事業を展開する。手数料収入はまちづくりに取り組む個人や団体に寄付する考え。籔田社長は「事業を通じて、頑張っている人たちをつなげたい」と意気込む。ガス事業者で売電事業「スマイルパワー」にも取り組む㈱藤田商店(香川県観音寺市)から電力の供給を受け、同社の代理店として顧客を開拓。一般家庭のほか、飲食店やオフィスを主なターゲットに想定する。「5年後をメドに独自の新電力会社を立ち上げ、電力の地産地消を目指す」と籔田社長。ヤブタのホームページ上で料金のシミュレーションも可能。ほとんどの家庭で現状より安くなるという。「お客さんの生活を少しでも豊かにすることが役割。『ワンストップで対応する総合エネルギー業』を目指す」【問】☎084-923-1978