しわく一世司法書士事務所

4月に法人化し名称変更 地域密着で顧客に寄り添う

しわく一世司法書士事務所(福山市地吹町17-13、塩飽一世代表)は4月に法人化し、名称も「司法書士法人FiRST」と改める。塩飽代表は「気軽に相談できる敷居の低い事務所に」と意気込んでいる。塩飽代表は福山市駅家町出身。音楽教師を目指して作陽音楽大(倉敷市、現・くらしき作陽大)に進学し、卒業後は教師を目指す傍らで音楽活動も行っていたが、所属団体からの退団を巡ってトラブルに巻き込まれたという。その際に仲介に入った弁護士の姿を見て「法律を知ることで自分も家族も守れる」と感じ、一念発起して法律関係の資格を取得することを決意。
司法書士事務所に勤務しながら畑違いの分野を一から勉強し、6年かけて2010年に司法書士試験に合格した。「5年間頑張ったが合格できず、6年目は『今年を最後にしよう』と仕事を辞めて、勉強一本に打ち込んだ」と振り返る。岡山市内の司法書士事務所に勤務後、15年に福山へ戻った。市外が本部の事務所の福山支店に勤務した後、18年10月に独立した。法人化に合わせ、事務所の名称も「FiRST」に変更する。「私の名前『一世』に掛けると同時に、『カスタマー(顧客)・ファースト』の意味も込めました」という。司法書士や弁護士などの「士」業は訪れにくそうなイメージが強いが「大抵の相談内容に対応できるので、気軽に来てほしい」と呼び掛ける。法人化後も、地域に密着して顧客に寄り添う姿勢は変わらない。「法で解決できる問題で困っている人の悩みを解決したい」と力を込める。営業時間は9〜18時。原則として土・日曜・祝日は休みだが、応相談。【問】☎084-999-3738