福山市役所

競馬場跡地のみらい創造ゾーン 多目的広場として貸し出し 4月から開始の見込み

福山市は同市千代田町の旧競馬場跡地で、エフピコアリーナふくやまに隣接する未整備区画「みらい創造ゾーン」(約6ヘクタール)=写真=を2021年度から多目的広場として貸し出す。関連条例案を3月の市議会定例会に提案しており、可決されれば4月1日から貸し出しを開始する。同ゾーンは西広場(3.5ヘクタール)と東広場(2.5ヘクタール)の二面がある。一面の使用料は、アマスポーツや営利目的でない催しに貸し出す場合は1日1660円、半日830円、1時間310円。その他の催しは1日3万3200円、半日1万6600円、1時間6200円。利用時間は6〜22時。「みらい創造ゾーン」の活用は、市の活性化のため中長期的な視点で検討している。具体的な方向性を決定するまでの間、市民らに貸し出すことで有効利用を図る狙い。エフピコアリーナふくやまなどの周辺施設と連携して、エリアのにぎわい創出につなげる。