人形センター瀬良

節句人形専門店「人形センター瀬良」 店内いっぱいに五月人形を展示中 鎧・兜・鯉のぼり…圧倒的豊富さ

 人形センター瀬良(福山市卸町15-1)は、5月5日まで「2022新作 五月人形特選会」を開催している。さまざまなタイプの品があり、訪れた人からは「こんなにたくさんの五月人形を見るのは初めて」と評判だ=写真上。福山をはじめ井笠・尾三方面から足を運ぶ人も多いという。

 人気の高い戦国武将兜(かぶと)は、収納飾りやガラスケース入りの飾りなど多彩なバリエーション。伊達政宗、毛利元就、徳川家康、上杉謙信、武田信玄、島津義弘などがある=写真中。それぞれに特徴のあるデザインで、好みの武将飾りが選べる。
子供が着用可能な物も多数そろえており、「節句の思い出に兜を着けて記念撮影したい」というニーズに応える。かわいい顔の大将飾りも好評=写真下。
鎧兜を飾る際に欠かせないのが「名前旗」。名入れはプリントか刺しゅうを選べ、スタンド付きなど種類も豊富。初節句の際に、親戚などがお祝いに贈る場合も多いとか。

 鯉のぼりは材質が年々進化しており、多少の雨なら濡れても大丈夫な物も。手軽に飾れる室内用・ベランダ用の小ぶりな鯉のぼりも人気がある。
堀史郎専務は「五月人形の購入を予定している方にはぜひ見ていただきたい、充実の品ぞろえ。ご家族そろっておいでください」と呼び掛けている。
営業時間は9─18時。5月5日までは休まず営業する。駐車場あり。