大衆焼肉 石原屋

こだわりの肉を炭火で国産肉がお手ごろ価格

 

6月にオープンした「大衆焼肉 石原屋」(福山市駅家町万能倉156-7)が好調だ=写真上。佐賀牛など国産肉を手ごろな価格で提供しており、家族連れなど常連も多い。オススメはハラミ(870円)=写真中左=と上ミノ(830円)=同右。牛の横隔膜を指すハラミは赤身肉に近い食感で、軟らかく脂肪が豊富。濃厚な味わいが楽しめる。4つある牛の胃のうち第一の胃を指すミノは味やにおいに癖がなく、食べやすいホルモン。同店では特に肉厚で脂やうま味が豊かなミノを提供する。軟骨に似たコリコリした食感で、かみ応え十分だ。評判のロース(980円)=写真中・中央=は程よい霜降りで、きめ細やかなうま味が楽しめる。牛塩タン(980円)は脂肪が乗った霜降り状の軟らかな部位。刺し身で食べられるほどの新鮮なタンを焼肉で提供する。小腸(580円)は甘みがあってジューシー。プリプリとした弾力を楽しめ、食べやすいと好評だ。焼肉に合うと人気の生マッコリ(750mℓ・850円)=同奥=は、加熱処理を行っていないため、「コクと爽やかな風味が味わえる」と話題だ。特製のアルミマッコリコップでグイグイいきたい。

 

 

昭和レトロを思わせる店内にはテーブル席が36席あり、オーダーすると着火済みの炭火が運ばれる=写真下。“1人焼き肉”を堪能する人も多く、利用者の年齢層は幅広いとか。営業時間は18─22時(土・日曜は12─15時と17─22時)で月曜定休。駐車場あり。価格は全て税別。